東京よみうりカントリークラブ ゴルフ場

東京よみうりカントリークラブ ゴルフ場

東京よみうりカントリークラブ ゴルフ場の詳細情報です。予約も出来ます。

Home

お探しゴルフ場 東京都 > 東京よみうりカントリークラブ ゴルフ場

東京よみうりカントリークラブ 写真

写真1 写真2 写真3
※写真をクリックすると詳細ページが開きます

東京よみうりカントリークラブ 詳細

ゴルフ場名 東京よみうりカントリークラブ
所在地 東京都稲城市坂浜685
最寄りIC 中央自動車道 稲城 10km以内
特徴 「トーナメントの舞台、最終18番ホールを体験して欲しい」 東京よみうりカントリークラブの正式開場は1964年4月ですが、ゴルフ場は4年前の1960年にオープン。当時、まだ日本のゴルフは一般大衆にとって遠い存在であり、国際水準に遅れをとっていました。そんな日本のゴルフ界を国際的レベルに引上げることを目指し、読売新聞社主であった正力 松太郎氏が「国際的チャンピオンコースを開設しよう」との構想を抱いて、ゴルフ事業部門を新設したのが始まりでした。 そんな東京よみうりカントリークラブは、都心からのアクセスが良く、とにかく立地条件の良いコースです。また、井上 誠一氏設計のコースは、ダイナミックな地形を活かし、戦略性の高いチャンピオンコースとして数々のプロトーナメントの舞台にもなっていることから、知名度も高いコースです。 少々アンジュレーションのきついホールもありますが、戦略的で、チャンピオンコースとしての風格も十分備えていると言えるでしょう。 日本シリーズやワールドレディスの舞台としても有名です。毎年、東京よみうりカントリークラブで開催されている男子プロツアー「ゴルフ日本シリーズ」は、日本のプロによる“見せるゴルフ”の確立を目指し、1963年にスタート。現在では、ツアー優勝者や賞金ランキング上位の選手など、その年最も活躍した選手が出場するようになりました。プロ日本一を決定するトーナメントとして知名度も高く、特に、パー3の18番ホールは名物ホールとなっており、トーナメントの最終ホールとして数々のドラマを生み出してきました。日本国内でのゴルフトーナメント開催コースで最終18番ホールがパー3なのは、このコースだけです。世界的にみても非常に珍しいですが、最終ホールとしての役割をしっかり果たしています。「18番だけでもプレーをしてみたい!」と思わせるパー3は、ぜひ経験していただきたいホールです。

東京よみうりカントリークラブ 予約

東京よみうりカントリークラブ 利用者コメント

東京よみうりカントリークラブ 地図

その他ゴルフ場検索

プレー曜日
プレー料金
円~
エリア
   
新着情報
2016/07/19
パワースポット詳細ページ実装
2015/07/14
賃貸物件追加
2015/04/08
新規作成